原付・バイクの自賠責保険 お申し込みサイト
   自動車損害賠償責任保険・強制保険
  
 お申し込みはこちら

ネットで簡単加入

↑ バイク・原付の自賠責保険のお申し込みはこちら

  自賠責保険について
 お す す め


 
 交通事故と社会保険  

 交通事故でも、社会保険が使えます。
 交通事故にあわれたときでも、健康保険、もしくは会社の業務中の事故であれば労災保険を使用することができます。

 1. 社会保険で診療を受けた場合、本来、加害者の方が負担されるべき医療費を社会保険が一時、加害者の方に代わって支払っていることになります。
社会保険側はあとで加害者の方または自賠責保険・自動車保険に治療費など支払った額を請求することになります。

 2. 交通事故のように第三者の行為によっておケガをされ、健康保険で診療をうけた場合は、健康保険組合へ「第三者による傷病届」を届け出る必要があります。


 社会保険のメリット
 交通事故にあわれたときの損害には、治療費の他、休業損害、慰謝料などがあります。

 1. 交通事故では被害者の方に過失のある場合は、治療費も過失相殺(損害賠償額を被害者の方の過失に応じて差し引きすること)の対象となります。このような場合でも、社会保険を利用されることによって被害者の方の負担を少なくすることができます。

 2.被害者の方に過失がない場合でも、加害者の方から支払いが受けられない場合など、被害者の方は十分な賠償を受けられないことがあります。このような場合でも、社会保険を使用されることによって、加害者の方の限られた賠償資力から休業損害(収入の補償)・慰謝料などの損害賠償をうけることができ、有利となります。
項目 自由診療の場合 健康保険使用の場合
治療費 2,000,000 300,000 700,000
休業損害 500,000 500,000
慰謝料 500,000 500,000
合計 3,000,000 1,300,000 700,000
過失相殺(20%) −600,000 −260,000 −140,000
損害賠償額 2,400,000 1,040,000 560,000
(お支払い内訳)
治療費 2,000,000 300,000 560,000
被害者受取分 400,000 740,000 国民健康保険へ支払う

 
※国民健康保険(患者負担30%)は、点単価10円、自由診療は通常点単価20円で計算されます。


承認番号 SJ11−20336 2011/7/28
 豆知識

 交通事故と社会保険
 過失割合
 料率改定 2017/04/01
 ユーザー車検コーナー
 国土交通省
 自動車検査予約システム


 全国の陸運局

軽自動車検査協会

自動車重量税早見表
 インフォメーション

 プライバシーに関して
 勧誘方針


 
 

|  お申し込み |  会社概要 |  お問い合せ 
Copyright © 原付・バイクの自賠責保険のプラスイン All rights reserved.